ホーム > よくある質問

よくある質問

みなさまから寄せられる質問とその回答を掲載しています。

防災用・非常用電源について

コラム電池とニッカド電池は違うの?
同じです。コラムとは、円筒密閉形ニッケル・カドミウム蓄電池の古河電池での名称です。
電圧・容量が同じなら何に使用してもいいの?
自動火災報知設備用予備電源(鑑定品)や防災用直流電源装置内蔵電池(蓄電池設備)は、消防法により技術上の基準が定められております。交換する際には、鑑定合格証や蓄電池設備認定証票のマークをお確かめください。
交換の必要性は?
防災安全のシンボルマークとして位置づけられている「適マーク」は、安心して利用できる施設という判断基準として広く定着しています。
消防設備にあたる「自動火災報知設備」「非常警報装置」等は「適マーク制度」の点検項目に入っており、その維持管理を適正に行う必要があります。
しかし見落としがちなのが、自動火災報知設備・非常警報装置・防災用直流電源装置に組み込まれている予備電源・内蔵電池、いわゆる「ニッケル・カドミウム蓄電池」です。電池には寿命があり、バックアップ時間は経年とともに短くなりますので、いざというときに寿命がつきていた、ということにならないよう定期的な交換が必要です。
避難誘導等の電池交換をしたいけど何をしたらいいの?
避難誘導灯蓄電池には様々な組形状が有りますので、記載されているメーカー名・型式・電圧・容量と形状をご確認下さい。(形状は現品の写真やイラストにして送って頂ければ私共で判別致します)

ページ先頭へ戻る

電動搬送カートについて

ゴルフ場以外で何処に使用しているの?
工場など広い敷地などで、建屋から駐車場などが遠い場合に、お客様や従業員の移動や構内の視察・見学等に利用されています。

ページ先頭へ戻る

サイクルサービス用バッテリーについて

普通のバッテリーと何が違うの?
サイクルサービス用バッテリー(ディープサイクルとも呼ばれます)は、一般の自動車用バッテリーでは応じ切れない深い充放電など過酷な使用条件に耐えるバッテリーです。
ゴルフカートをはじめ、清掃業務、高所作業車、レジャー等の無人搬送システム、自動床洗浄機、バフィングマシーンなど電気エネルギーを動力源とする用途に適しています。
どんな機械に使っているの?
ゴルフカート、ゴルフカー、電動運搬車、無人搬送車、高所作業車、電動車椅子(セニアカー)、小型フォークリフト、遊園地カート、小容量バックアップ電源、バッテリーリフト、バッテリーウェルダー(電気溶接機)、リフティングマグネット、ロボット、フロアマシン(スイーパー)、電動クリーナー、ソーラーシステム、特殊電動作業車などに使われています。

ページ先頭へ戻る

フォークリフト用バッテリーについて

フォークリフト用以外の用途は?
充電式電気フォークリフト、高所作業車、無人搬送車、けん引車、運搬車、その他の電気車などに使用しております。

ページ先頭へ戻る

保守・メンテナンスについて

点検の必要性は?
技能認定を受けた「プロ」による総合的なメンテナンスを通じて、より確かな安心をお届けしています。
もしもの時に、非常用電源設備がいつでもベストの状態で稼動できるためにも、定期的な「プロ」の保守メンテナンスをおすすめします。
点検による費用対効果は?
お客様の保守管理の負担を大幅に軽減でき、メンテナンスに必要な時間と費用を最小限に抑えられます。
更に設備の維持・管理による予防保全はもちろん、緊急時にもお客様のもとへ迅速に伺い、適切に対処します。
継続した点検の必要性とは?
定期的にお客様の蓄電池設備を見守り、蓄電池設備の状態をプロの目で的確に診断し、さらにその診断結果を、統計処理(経年比較データ)により「目で見える診断結果」としてご提供します。
消防用蓄電池設備は、消防設備士もしくは消防設備点検資格者による点検が義務づけられています。弊社ではお客様の大切な消防用設備並びに一般蓄電池設備に対しても、経験豊富な有資格者が点検を実施し、万全を期します。

ページ先頭へ戻る

その他のご質問

タイストレージバッテリー(TSB・スリーキング・3K)ってどんな会社?
タイ・ストレージ・バッテリー・パブリック株式会社(TSB)は、自動車用及び二輪車用バッテリーを製造し、タイ国内では「3K(スリーキング)」ブランド、輸出向けとしては「3K」、「KV」ブランドで販売しております。現在では、タイ国内において自動車用及び二輪車用即用鉛蓄電池を「3K」ブランドとして輸出する最大のメーカーです。
子会社に、タイで唯一環境適合の再生鉛精錬工場であるタイ・ノンフェラスメンタル株式会社を保有。
2002年にタイ国総理大臣より輸出貢献企業賞を受賞。2007年からタイ・トヨタ第2工場(乗用車)とOEM契約を調印したことにより、GSとの合併企業であるサイアム・タイを抜き、売上高・利益共にタイ国内トップの座を獲得。名実共にナンバーワンの地位を確立しました。

お問合わせフォームからもご質問を承ります。上記の「よくある質問」と併せてご利用ください お問合わせフォームはこちら

ページ先頭へ戻る